東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム 社会連携研究部門

当研究室は平成28年4月1日より、
特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所に移行しました。

連絡先:〒108-0074 東京都港区高輪2-12-13-201
Tel: 03-6455-7401 Fax: 03-3441-7505
事務所携帯:080-7031-3032 Email:exp-officeumin.net
   このホームページは、過去の研究成果等の記録として保存しております。現在、東大医科研での教育研究活動は行っておりません。 当時の古い情報が含まれていますので、ご注意ください。

研究室の活動スタッフ業績リンク助成研究一覧アクセス 当研究室からのInformation

東日本大震災関連論文
現場からの医療改革推進協議会
トピックス&更新情報

2016.5.31 2016年5月31日 共同研究をしているClaire Lepidopteraさんの難民危機への日本の対応についての論文が、 International Journal of health policy and management に掲載されました。

2016.5.31 【連載中】 Business Journal 「絶望の医療 希望の医療」(上昌広)
2016年5月31日 北海道大学の謎と真実…本州の日本海側からの学生が多い理由

2016.5.30 研究協力者 山本佳奈さんのインタビュー記事が wotopi(情報サイト the woman topics) に掲載されました。
『貧血大国・日本』著者・山本佳奈さんインタビュー 
2016年5月30日 〈第4回〉 アイスを無性に食べたくなるのは貧血のサイン
2016年5月24日 〈第3回〉 女性のイライラの原因は「貧血」だった メンタルの幸福度を左右する意外な要因
2016年5月20日 〈第2回〉 妊娠前に対策を 貧血でハイリスク出産の可能性が増大
2016年5月16日 〈第1回〉 50代以下の22.3%、妊婦の40%が貧血女子! 終戦直後 レベルの栄養不足が襲う

2016.5.29 2016年5月27日 研究協力者 山本佳奈さんの記事が JBpress に掲載されました。
「最新研究で明らかになったスポーツ貧血の怖さ 特に若い女性は要注意、周囲のサポートが不可欠」

2016.5.27 「熊本地震への対応 東日本大震災の教訓から」についての記事が掲載されました。(共同通信社)
2016年4月19日 熊本日日新聞 熊本地震 避難とリスク 災害弱者のケア忘れずに(坪倉正治)
2016年4月20日 高知新聞 避難の健康リスク警戒を(坪倉正治)
2016年4月21日 山形新聞 熊本地震への対応 避難者の健康リスク警戒(坪倉正治)
2016年4月23日 長崎新聞 避難に伴い健康リスクも 災害弱者のケア忘れずに(坪倉正治)

2016.5.24 2016年5月23日 3月に研究室及び相馬・南相馬市を訪れた大学生 外山尚吾さんの文章が毎日新聞(大阪版)「オピニオン」に掲載されました。 「孤独死防ぐ医者になりたい」

2016.5.23 2016年5月20日 研究協力者 尾崎章彦医師の症例報告が、Medicine に掲載されました。

2016.5.182016年5月18日  ハフィントンポスト  「政治家・舛添要一」を正確に評価するために 厚労相時代の功績を振り返る(上昌広)

2016.5.182016年5月18日 研究協力者 森田麻里子医師の記事が JBpress に掲載されました。「現場を知らない医療改革、新専門医制度の陥穽 中央集権的な進め方ではなく、多様な資格制度を」

2016.5.182016年5月17日 ハフィントンポスト  東大医学部の面接導入(上昌広)

2016.5.182016年5月14日 「こどもと震災復興 国際シンポジウム2016」でスタッフ参加した大学生 元山謙太朗さんの文章が福島民友「窓」(読者のページ)に掲載されました。 「県産品への風評『もったいない』」

2016.5.16 「こどもと震災復興 国際シンポジウム2016」 関連記事が掲載されました。
2016年5月10日 福島民友 社説 放射線と健康 /研究成果を発信し続けよう(坪倉正治、他)

2016.5.132016年5月13日 研究協力者 森田知宏医師の記事が JBpress に掲載されました。 「震災後に最も怖いのは肺炎だった、口腔ケアを! 阪神淡路、東日本、熊本の震災調査で明らかに」

2016.5.13研究協力者 大西睦子医師の連載です。
 【連載中】 毎日新聞 医療プレミア 「ボストン発 ウェルエイジング実践術」(大西睦子)

2016.5.132016年5月13日 「こどもと震災復興 国際シンポジウム2016」でスタッフ参加した大学生 秋本 力さんの文章が福島民友「窓」(読者のページ)に掲載されました。 「本県の人に接し、将来考え直した」

2016.5.122016年5月13日 NHKラジオ第1 『マイあさラジオ』 「社会の見方・私の視点」コーナー
6時43分~ 「被災地での肺炎」 ※毎月1回出演予定(上昌広)

2016.5.9 読書と新聞活用の意義についてのブログ記事がハフィントンポストに掲載されました。
2016年5月7日 ハフィントンポスト 読むこと、書くこと(上昌広)

2016.5.9 2016年5月6日 研究協力者 森田知宏医師の東日本大震災発生から1ヶ月の高齢者の死亡率に関する研究結果が、毎日新聞 に掲載されました。 「東日本大震災 75歳以上死亡率1.5倍…発生から1カ月」

2016.5.9 「こどもと震災復興 国際シンポジウム2016」 関連記事が掲載されました。
2016年5月8日 日本経済新聞 震災後1カ月で高齢者の死亡増加、肺炎が目立つ(森田知宏)
2016年5月8日 福島民友 震災直後に「肺炎」増加 森田医師、口腔ケアの必要性指摘(森田知宏)
2016年5月8日 福島民友 がん死亡率「震災後増えず」震災・原発事故後の健康影響調査(森田知宏)
2016年5月8日 読売新聞 「震災直後に高齢者死亡率増」…相馬でシンポ(森田知宏)
2016年5月8日 河北新報 原発事故の影響探る 相馬で震災シンポ開幕(森田知宏)
2016年5月9日 福島民報 こどもと震災国際シンポ 8日まで相馬(森田知宏)
2016年5月9日 福島民友 「相馬地域に若者を」 相馬で復興シンポ、情報発信の継続訴え(坪倉正治)
2016年5月9日 福島民友 「早産」などの割合、震災前後に変化なし 復興シンポジウム(クレア・レポード、坪倉正治、他)

2016.5.6 2016年5月2日 研究協力者 山本佳奈さんの記事が JBpress に掲載されました。 「貧血大国日本で鉄の過剰摂取を警告する不思議 スポーツ選手の実態」

2016.4.282016年4月28日 研究室で学ぶ看護師 樋口朝霞さんの取材記事が 朝日新聞出版 『看護師になる2016』 に掲載されました。「働きかたいろいろ 看護師キャリアのケーススタディー」

2016.4.282016年5月7,8日に 「こどもと震災復興 国際シンポジウム2016」(福島県相馬地方市町村主催、WHO共催)が開催されます。 http://child-r-d-soma.jp/

2016.4.28研究協力者 山本佳奈さんの本が出版されました。
2016年4月19日 光文社 『貧血大国・日本 放置されてきた国民病の原因と対策』(山本佳奈)

2016.4.28【連載中】 Foresight 新潮社 フォーサイト(上昌広)  
【連載中】 Business Journal 「絶望の医療 希望の医療」(上昌広)  
【連載中】 福島民友 「坪倉先生の放射線教室」(坪倉正治)

2016.4.25研究室で学ぶ医学生 村田雄基くんの寄稿が毎日新聞に掲載されました。
2016年4月25日  毎日新聞 (みんなの広場)被災地支援で医師への修業(村田雄基)

2016.4.13 上昌広の記事がハフィントンポストに掲載されました。
2016年4月13日 ハフィントンポスト 東大を辞職して(上昌広)

2016.4.12研究室で学ぶ看護学生 近藤優実さんの寄稿が朝日新聞に掲載されました。
2016年4月12日 朝日新聞デジタル (声)患者さんと看護師つなぐ新聞(近藤優実)

2016.3.22南相馬市立総合病院との共同研究が報告されました。 QJM

2016.2.10南相馬市立総合病院 尾崎章彦氏との共同研究、原発事故後の避難区域での農業再開と毒蛇被害との関連について考察した症例報告が、 Oxford Medical Case Reports (pdf 124KB) に掲載されました。

2016.2.7Imperial College London 野村周平氏との共同研究、原発事故後の避難が長期的に慢性疾患に及ぼす影響を調べた論文が、 BMJ Open に掲載されました。

2016.2.7放射線災害後にボランティア支援が有用であったという論文が、 DMPHP に掲載されました。(森田知宏)

2016.2.7順天堂大学病院 泌尿器科 永田政義氏との共同研究、医療過誤に対する罰についての論文が、 Intern Med J. に掲載されました。

2016.1.18読売新聞 医療ルネサンスに研究室の関係者が取り上げられました。 震災5年 南相馬 変わる医療

2016.1.8 ベラルーシで開催された原子力被害の勉強会(2015年9月21-25日)の報告記が JBpress に5回連載で掲載されました。

2016.1.4 福島県南相馬市の児童の外部被ばく測定結果(2012年)から、個人線量計(ガラスバッジ)を正しく使用しなかった場合にどの程度測定値に影響が出るかを調べた論文が、BMJ Open に掲載されました。

2015.12.10ときわ会グループでの透析と放射線内部被ばく調査の論文が、 BMJ Open に掲載されました。

2015.12.9 南相馬市児童の外部被ばく量と日常行動パターンとの関連を調べた研究結果の論文が、 Journal of Radiation Research に掲載されました。 プレスリリース(PDF 288KB)

2015.12.9避難と死亡リスクに関する老健調査(2013年の南相馬の調査結果(Nomura et al. PLoS One.  2013)に続く、第二報)の論文が、 Preventive Meicine に掲載されました。 プレスリリース(PDF 280KB)

2015.11.18「現場からの医療改革推進協議会」第10回シンポジウム抄録PDFを掲載しました。

2015.11.18平成27年11月23日(月・祝)、いわき市において、「浜通り看護研究会 第1回大会」を開催致します。 開催のご案内(ときわ会グループ)

2015.10.31「現場からの医療改革推進協議会」第10回シンポジウムプログラムを掲載しました。

2015.10.31東日本大震災後のときわ会常磐病院での内部被ばく検査の結果についての論文が PLoS One に掲載されました。 東日本大震災関連論文

2015.10.31日本でのワクチンの信用回復に向けた提言が Nature に掲載されました。 業績

2015.10.08福島第一原発事故後の、Babyscan を用いた内部被ばく検査による約2,700 名の小児、乳幼児の検査結果についての論文が Proceedings of the Japan Academy, Series B に掲載されました。 プレスリリース(PDF 288KB)

2015.09.16「現場からの医療改革推進協議会」 第10回シンポジウムは、2015年11月28、29日に開催が決定しました。プログラムや参加受付などについては、詳細が決定次第、順次お知らせしてまいります。

2015.09.12福島県相双地3区の老人施設における避難リスクと被ばくリスクを比較した論文が PLOS ONE に掲載されました。 プレスリリース(PDF 144KB)

2015.08.29上海復旦大学・公益財団法人ときわ会と合同シンポジウムを開催しました。 ポスター (JPEG 1.1MB) 抄録(PDF 196KB)

→もっと読む


医療崩壊をくい止めるための提案PDF医療崩壊の現状分析と対策に関する考察サイト
研究室の活動 スタッフ 業績・論文・学会発表 リンク集 研究助成一覧 アクセス